FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂寥と後悔

2011.02.28 18:34|日記
今日は卒業式の予行演習のため、久しぶりに学校へ赴いた。

明日で終わってしまう高校生活・・・。

3年間は本当に楽しくて、3年という年月は短すぎた。

今まで毎日会っていた人たちに会えなくなるのだ。

それがクラスメイトであっても、そうでなくても、先生であっても、もう二度と会うことが叶わない人が大半。

なんとも、さみしいことだ。


好きだったあの人、留学をしていたため私よりもひとつ学年が下になってしまった彼。

もう、会うことはないと思っていた。

でも、一瞬だけれど、すれ違うことができた。

さみしかったけど、最後に一目観れただけで満足だ。

もう、未練はない。未練はないんだ。


玄関に張り出されていた、合格結果の書かれた、大きくて名前のひしめいた紙。

一番上の段には、私の名前。

ずっと望んでいた、人より秀でることを、人より優秀であることを。

一番でなくてもいい、でもある程度は優れていたい、そんな願望をずっと持っていた。

定期テストや模試のたびに張り出される順位表を見て、自分の名が上位にあることを認め、ひとり優越感に浸っていた。

醜いことはわかってる。

それでも優位に立っていたかった。

大学受験が終わり、それなりに名の知れた大学への進学を決めた今、嬉しいはずなのになぜか心は弾まない。

なぜか。

努力しなかったからだ。

周りの多くの人が努力して自分の進路を勝ち取っていく中で、私は「申し訳ない」という気持ちにさいなまれている。

こんなに努力していない私が合格してしまってごめんなさい。

そんなことを思っている。

第一志望の大学に合格したことはもちろん嬉しい。

でも、私は、もっと努力すべきだったのではないのだろうか。

努力しなかったから、こんな気持ちになっているのではないだろうか。

努力していれば、こんな気持ちにはならなかったのでは・・・。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

マリカ

Author:マリカ
自己紹介
名前:マリカ
年齢:21歳
趣味:読書、睡眠、ちょこっとジョギング、ライブ
好き:睡眠、食事、音楽
音楽:邦ロック全般

Twitter

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来てくれてありがとう

ブロとも一覧


爽快!読書空間

DEEN☆NEED(^O^)/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。