FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシア神話と赤い糸。

2011.06.19 20:48|日記
古代の最初の人間は、頭が二つに手足が四本づつあって、今の人間二人が背中合わせにくっついたような形で球形をしていた。

男と男がくっついたもの、女と女、そして男と女の組み合わせの三種類の人間があった。

それらの人間は4本の手、4本の足を用いて回転しつつ飛ぶように走ることができ、腕力にも秀で、その心は傲慢であった。

彼らは神々への攻撃を企てて天井に上ろうとした。

それを知った天上の主宰神ゼウスは激怒し、彼らの体を真っ二つに引き裂いてしまった。

それ以来、人間たちは、かつての分身を求め合って恋をするのだという。

男と女が求め合うのは、もともと一つのからだに男女両性を備えていたから。

それと同様にかつて二人の男の合成体であったものが男を求める愛、かつて二人の女の合成体であったものが女を求める愛、すなわち同性愛が生まれた。 


以上は、プラトンの『饗宴』の中でアリストパネスという喜劇詩人が語った話である。

これはあくまで神話に過ぎないし、もちろん信じているわけでもない。

私がこの話を持ち出したのは、大学の教授が「愛と性」について講義をする中でこの話をしていたからである。

人間は生まれながらにして運命の人と赤い糸で結ばれている―。

こんな話を誰しも一度は聴いたことがあるのではないだろうか。

赤い糸・・・なぜ赤なのか?

その赤い糸というのは、血管なのではないだろうか。

人間が球形をしていた頃に繋がっていた血管の名残、それが運命の赤い糸。

そう考えると、あながち神話とかも馬鹿に出来ないと思った。

あくまで私が思ったことだけれど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

マリカ

Author:マリカ
自己紹介
名前:マリカ
年齢:21歳
趣味:読書、睡眠、ちょこっとジョギング、ライブ
好き:睡眠、食事、音楽
音楽:邦ロック全般

Twitter

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来てくれてありがとう

ブロとも一覧


爽快!読書空間

DEEN☆NEED(^O^)/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。